狼の挽歌 デラックス版 DVD オフィシャルブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターを探せ!(その4) それやっちゃオシマイでしょ!
「結論として、110分のマスターは持っていないことが判明しました」
これが権利元からの返事でした。

 というわけで、前回の伏字の答え。
『もしかして、オリジナルマスターを上書きしたんじゃないのか!?』

 大正解でした…

 いまさら困る、ということで、権利元からアメリカのBU社に、NTSCマスターを貸してくれるよう頼んでもらいました。すぐさま、BU社の代表であるウィリアム・ラスティグから返事が。なんと、あの「マニアック・コップ」の監督ですよ! ホラー映画の重鎮監督のひとりと、メールでやり取りしていることにちょっと興奮(^^

 いや、そんな場合ではありません。早速マスターの件を依頼すると、「ウチはDLT(DVDを製造するためのマスターで、テープに収録されたもの)しか持っていない。NTSCのマスターテープは、多分AnchorBayが持っていると思う。けど、探すのに早くて1ヶ月だニャ」との回答でした。

 いや、それじゃ発売日が遅れるってば。

 ちなみに、ラスティグ氏はもともとAnchorBay社に属していて、独立してBU社を立ち上げました。BU社がAnchorBayで昔発売していた作品を引き継いで販売しているのは、そういった背景もあるわけです。

 発売スケジュールに間に合わないので、必死に食い下がると、やがてラスティグ氏から「これがベストのアイディア」と提案がありました。ところが、それを聞いて仰天! 

 PALマスターをXXXXXXXすると同時に、XのXXXXXXXXにXばす!伏字多すぎ)

 …いったい、そんなことが可能なのか?
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ookaminobanka.blog57.fc2.com/tb.php/12-30fdf1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

キレイン

Author:キレイン
このブログでは、『狼の挽歌 デラックス版』の詳細な情報をお届けします。

ブログ運営:「狼の挽歌 DE」DVD発売委員会

ブログ管理:㈱フィールドワークス

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。